So-net無料ブログ作成

龍馬にどっぷりはまる旅~桂浜と坂本龍馬記念館

高知には、龍馬ゆかりの場所がたくさんあります。
なかでも、ぜひおすすめしたいのが、桂浜にある「高知県立 坂本龍馬記念館」。
ちなみに、町のほうに名前のよく似た「高知市立 龍馬の生まれたまち記念館」というところがあります。
どちらもいってみたかったのですが、今回は一つにしぼりました。
観光案内所の方によると、「生まれたまち~」は、より学術的な内容だそうです。

車で市内から30分。
「高知県立 坂本龍馬記念館」に到着しました。
海をめがけて突き出しているような、ユニークな形の建物です。
DSC_1485.jpgDSC_1477.jpg
やはり龍馬ブームなのか、平日でもたくさんの来館者がいました。
まずは地下からみていきましょう。<写真はありませんので、文章でお楽しみください・・・>

龍馬がかわした書簡や、写真、龍馬語録、妻・おりょう(とみられる女性)の写真など、龍馬好きには(たぶん)たまらない展示がいっぱい!
暗殺2日前に書かれた最後の手紙や、龍馬愛用のピストル(模型)、血痕のついた貼交屏風(複製)など、当時の生々しい空気が感じられます。

龍馬素人にとってもわかりやすいように、丁寧に説明したパネルもたくさんあります。
歴史好きでも、そうでない人でも、楽しめるような展示なのがうれしいですね。
それにしても、龍馬の書簡には「ぷぷっ」と笑ってしまうような、ユニークな表現がたくさんあって、退屈しません。やはり、非凡な人だったのでしょうか。

2階に上がると、企画展スペース、そして、龍馬の暗殺現場となった近江屋の部屋を再現したセット!
自由に中に入れるので、靴を脱ぎ、あがってみると、天井が低くてびっくり。
この中で死闘が・・・と思うと、なんだか不思議です。

118.JPG
ちょっとこわい龍馬人形にも会えます。


そして、なんといっても、海の見える・ぎゃらりいスペースでは、龍馬もながめた桂浜が一望できます。
ここからの眺めは本当にきれいです。

記念館をみた後は、実際に桂浜へやってきました。
DSC_1504.jpgDSC_1507.jpg
桂浜をながめる龍馬像は、意外と大きくて驚きます。
はるか太平洋のかなたをながめるには、やはり高さが必要なんですね。
昭和3年に、地元青年有志の手で建立されたという龍馬像。
ちょうど、坂本龍馬記念館で、この像のにまつわる司馬遼太郎さんの言葉が、屏風として展示されていたので、感慨深くながめることができました。

高知の海はきれいだと聞いたことがありますが、本当にその通り。
この日は、晴れたり曇ったりのお天気でしたが、それでも十分きれいでした。
128.jpg
DSC_1522.jpg
DSC_1509.jpg
DSC_1536.jpg

龍馬気分を盛り上げてくれる、桂浜と坂本龍馬記念館。
高知に行くなら、ぜひ!

ちなみに、文久2年のきょう3月24日は、龍馬が脱藩を決意し家を出た日だそうです。
(坂本龍馬記念館ウェブサイトより)


<高知県立 坂本龍馬記念館>

http://www.ryoma-kinenkan.jp/

〒781-0262 高知県高知市浦戸城山830番地
TEL 088-841-0001
開館時間 午前9時から午後5時まで

休館日
年中無休(年末年始も通常通り開館しております)

入館料
大人(18才以上) 500円
団体(20人以上) 400円
高校生以下 無料
身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・戦傷病者手帳・
被爆者健康手帳所持者とその介護者1名
無料
高知県・高知市長寿者手帳所持者 無料

交通機関:
高知県交通バス『桂浜』行き乗車「龍馬記念館前」で下車、徒歩1分

駐車場:無料 大型バス4台・普通車50台

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 3

コメント 2

naop

遅くなりましたが、ブログ開設おめでとうございます。

龍馬より、食に興味が(笑)
一度は行ってみたい高知です。

今年は仕事が忙しく、お正月旅行にも行ってません(涙)
又、企画が出た時にはお世話になります。
どうぞヨロシクお願い致します。

by naop (2010-03-24 23:45) 

suzu

naopさま

訪問&コメントをありがとうございます!

不景気の世の中、仕事が忙しいのはうらやましい限りです。

急にどこかに行きたくなることがありますよね♪
そんな時はいつでもお声をかけてください。
by suzu (2010-03-25 19:23) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0