So-net無料ブログ作成

これぞ北海道!富良野・美瑛でリフレッシュの旅 [北海道]

日本は梅雨どまんなか。
しかし、北海道だけはちがいます!

本州のじめじめなどわすれてしまうような快晴です。
からっとして気持ちの良い風が吹く中、レンタカーで富良野へ向かいます。

北海道の道路は、本当に「まっすぐ」でびっくり。
どこまで続くのかわからないほどのながーい道路です。
DSC_0462.jpg
途中、美瑛町白金というところに立ち寄ることにしました。
お目当ては、「青い池」と「ブルーリバー」。なんとも神秘的でしょう?
緑の生い茂る道を進むと、「青い池」につきました。
このあたりでは人気のスポットになっているようです。

駐車場から10分ほど歩くと・・・ありました!
DSC_0349.jpg
本当だ!青い!! 
このあたりの水に含まれている天然のアルミニウムが光を拡散し、人間の目には青色に見えるのだそうです。
空が青いのと同じ理屈です。

青い池から車でさらにすすむと、「白ひげの滝」と「ブルーリバー」を見ることのできる大きな橋があります。
DSC_0374.jpgDSC_0378.jpg
これが、た・・・高い!ひえー、下を見ると足がすくみそうです。
こちらも確かに、青い。

ドライブはつづきます♪
美瑛といえば、美しい丘陵で知られています。
DSC_0408.jpg
すこし斜めになって、考えているように見える「哲学の木」。

DSC_0419.jpg
「四季彩の丘」

DSC_0386.jpg
ほかにも、みどころがいっぱいのドライブルートです。

そうこうするうちに、富良野につきました。
DSC_0495.jpg
6月末の富良野は、季節の花が咲き揃い、カラフルなじゅうたんをしきつめたような景観が楽しめます。
特に楽しみなのが、ラベンダー。
DSC_0523.jpg
早咲きの品種が咲き始めていて、爽やかな香りに思わずうっとり。
「ファーム富田」では、紫色のラベンダーソフトクリームも味わえます。
DSC_0511.jpg

甘いもののあとはしょっぱいものが食べたいですよね。
北海道は、実は日本一の蕎麦生産量を誇ります。
上富良野の「手打ち蕎麦 まん作」では、二八か、十割かを選べます。
すっきりとした細めの麺で、どんどん食べられます。
DSC_0530.jpg
メニューも、せいろだけでなく温つけそばやセットまであり多彩です。
写真は、ご当地ならではの「かみふ豚と香味野菜の蕎麦」。厚切りの豚肉を噛みしめると、旨みがジュワ~っとあふれてきました。


この日の宿泊は、高台にある「富良野リゾートオリカ」。

部屋に入ると、おもわず「わあーーーーっ!」と歓声をあげてしまいました。
DSC_0440.jpg
この眺望。絵画か展望台かと思うような景色が、客室から好きなだけ楽しめます。

非日常の空間で、本当にリフレッシュできました。
北海道の実力は底知れませんね。ぜひ、みなさんも訪れてみてください。

次回は、旭山動物園と旭岳温泉をご紹介します!



<青い池>
住所:北海道上川郡美瑛町白金
入場料:なし P:無料
びえい白金温泉観光組合ウェブサイト
http://www.biei-shiroganeonsen.com/spot_midokoro.html

<手打ち蕎麦 まん作>
住所:北海道空知郡上富良野町西町2
TEL 0167-45-6523
交通手段 JR上富良野駅より車で5分
営業時間 11:00~17:00
定休日 水曜日

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0