So-net無料ブログ作成

北欧の自然満喫!ヌークシオ国立公園とかもめ食堂~フィンランド・ヘルシンキの旅(その2) [フィンランド]

北欧の自然満喫!ヌークシオ国立公園とかもめ食堂~フィンランド・ヘルシンキの旅(その2)

「かもめ食堂」のロケ地としても知られる、ヌークシオ国立公園。ヘルシンキ市内から1時間程度で森と湖を満喫できます。

nuukusio.jpg

電車とバスを乗り継いでも行けますが、バスの本数が少ないのと、バス停からかなり歩くため、できるだけ日帰りのオプショナルツアーを利用することをおすすめします。スプラッシュまでお問い合わせください♪


最近は日本人観光客も多く訪れますが、散策やベリー摘みに訪れる地元の人を多く見かけます。
このヌークシオ国立公園では、1.5時間ほどでまわれる簡単なハイキングから、2-3時間かけて広い範囲をまわるものまで、ルー

トを選ぶことができます。コースは青・赤などの色で分かれていて、色のついた目印をたどるだけでOK。簡単です。
わからないことは、入口付近の案内所(小屋)で、お姉さんが親切に教えてくれます。

いざハイキングへ。
DSC_1661.JPG
日本では見ないような草木、花がたくさんあって飽きません。
DSC_1679.JPG
よく見ると、そのなかにベリーを発見!
ここでは、自由にベリーを摘んで良いので、さっそくプチっととって食べてみました。

うーっ、すっぱい!
さらにいろいろなベリーを試してみます。
なかには、美味しいものも、まずいものも・・・

野生児気分で散策を続けます。
すると、キノコを発見!
forest.jpg
DSC_1663.jpg
なんとまあ、絵に描いたようなキノコです。食べない方が良いでしょう。

さて、しばらく歩くと視界が開け、湖が見えてきました。
nuukusio03.jpg
倒木が風情をかもしだします。

このヌークシオ、何が良いって、「人が少ない」こと。
しばし現実を忘れ、自然の中でぼーっとできます。
DSC_1656.JPG

案内所にもどり、インスタントのスープを飲み、ホテルのそばで買ってきたパンをかじります。
冷えた体が、ふーっとあたたまります。
nuukusio02.jpg

9月にはすでに、日本の11-12月くらいの気温なので、しっかりと着こんで出かけましょう。
体感的には、かなり寒かったです。
あと、周辺ではあまり食べ物が売っていないので、市内で食料を買っていったほうが良いでしょう。


ヘルシンキ中心部に戻って、「かもめ食堂」の舞台となった、"Kahvila Suomi(カハヴィラ・スオミ)"を訪問。
suomi.jpg
ランチタイムに間に合えば、おトクな定食を食べることができます。
フィンランド、とくにヘルシンキは、高福祉な分だけ物価が高く、外食すると出費は多くなりがちです。
それだけに、1,000円前後で定食が食べられる"Kahvila Suomi"は、旅行者にはありがたいのです。

店内には、「かもめ食堂」のポスターが貼られ、日本人のすがたもちらほら。
先払いで定食を注文します。

魚・肉・野菜からメインを選び、これにスープがつきます。
付け合わせのジャガイモをボイル・マッシュポテト・フライなどから選べるのも楽しいです。
suomi02.jpg
私が注文したのは、サラダバー、スープと、メインはサーモンのグリル。どーんと盛られたマッシュポテトがたまりません。
ボリュームもさることながら、お味も良く、地元のお客さんが多いというのもうなずけます。

ティータイムには、シナモンロールやドーナツ、コーヒーも楽しめます。


かもめ食堂を満喫する一日、いかがでしょうか?


<Kahvila Suomi>
住所:Pursimiehenkatu12 Helsinki, Finland
アクセス:トラム3Bまたは3Tで、Viiskulma下車。徒歩3分ほど。
時間:7:00~18:00(土日定休)


↓から、欧州鉄道予約がオンラインでできます。日本語で書いてあるので便利ですよ!

banner02-s.gif

*ヌークシオ国立公園に行くツアーは、現在取り扱っていません。ご了承ください。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0